子育て&教育ひと言コラム 子育て&教育ひと言コラム

伸芽'sクラブ託児HOME > 子育て&教育ひと言コラム > 見逃してはいけない幼児のストレスサインに注意しよう

見逃してはいけない幼児のストレスサインに注意しよう

幼児のストレスサインを見逃さないようにしましょう。ストレスと聞くと大人の悩みのイメージがありますが、ストレスは大人だけの問題ではありません。

とくに発散方法を知らない、不快感を大人に伝えられない幼児のストレスは心身の成長に大きく影響を与えます。幼児が伝えようとしているストレスサインをチェックして、その都度適切な対応ができるようにしましょう。

ストレスを抱えやすい幼児期の子どもたち

幼児期の子どもはストレスを感じて抱え込みやすいです。大人であればストレスを感じたら発散し、ストレスを回避する方法を探すこともできます。

しかし幼児期の子どもは自分が感じている不快感をストレスだと認知することも難しく、人に伝えたり、発散したり、回避することもできません。

幼児期のストレスの原因となるもの

幼児期の子どものストレスの原因はたくさんありますが、その一例を見てみましょう。幼児期は心身の成長がスピーディーです。しかしそのスピードに子ども自身がついていけずにストレスを感じるということもあります。

さらに、保育園や初めて行く場所、初めての経験にも子どもは強いストレスを感じます。これまで親とずっと一緒にいたのにいきなり離されて共同生活を強いられるのは、子どもの性格によっては耐え難い苦痛である可能性もあります。

また、親に叱られたり躾、勉強などを強いられたりすること自体も子どもにとってはストレスです。親の気まぐれで怒られる、暴力を振るわれるといったことが日常茶飯事であれば、子どもの抱えるストレスは大人の想像以上のものです。

子どもがストレスを抱えているサイン

子どもがストレスを抱えているサイン

幼児期の子どもは、ストレスをストレスだと感じることができず、大人や周囲に伝える手段を持ちません。
そのため、心身の変化によってストレスを訴えることがあります。

これをストレスサインと呼びますが、ストレスサインは心の変化、体の変化によって現れることが多いです。ストレスサインを見逃し続けていると子どもはよりストレスを抱え込んでしまいます。

些細なストレスサインから病気につながるストレスサインまで、サインにはさまざまなものがあります。
見落とさないようにして、子どものストレスにはしっかり向き合うようにしましょう。

体のストレスサイン

体のストレスサインは、毎日子どもを見ている親ならすぐに見つけることができます。風邪や病気ではないのに子どもの体調が優れない状態が続くようであれば、ストレスから来る体調不良も考慮してみてください。体のストレスサインには、食欲の減退、便秘、下痢、寝つきの悪さ、寝起きの悪さなどがあります。

また、風邪のように発熱したり腹痛を訴えたりすることもあります。とくに子どもが腹痛を訴える場合、ストレスによって腸内環境のバランスが崩れている可能性があります。

心のストレスサイン

心のストレスサインは下記のように現れます。
*イライラしやすくなる
*怒りっぽくなる
*落ち込みやすくなる
*感情の起伏が激しくなる

おとなしい性格だったのに乱暴な行動や言動が増えた、最近何をしても拒否ばかりする、はしゃいでいたかと思えば急に泣き出すなど、これまでと違う言動が目立つようになったら要注意です。

自分で自分の感情をコントロールすることができず、ストレスをどうにか表に出そうとしている状態です。心のストレスサインは体のストレスサインとは違い一見分かりにくく、見逃してしまいがちです。注意深く子どもと向き合うことで、このようなサインを見逃さないようにしましょう。

行動のストレスサイン

普段の行動でストレスサインを見つけることも可能です。暴力を振るう、乱暴な言葉を使うといった場合、ストレスが影響して暴力的な言動で発散しようとしている可能性があります。

親と話さないようになったり、反対にこれまで以上に甘えるようになったりすることもあります。いつもと違う接し方をしようとしているときは、ストレスサインかもしれないと思って慎重に見守って接するようにしましょう。

知らず知らずの内にストレスを抱え込んでいる場合、おしっこが出にくくなったり、逆におしっこを頻繁に出すようになったりすることがあります。これはストレスによって自律神経が乱れていたり、ホルモンバランスが崩れていたりするせいだと言われています。おむつを替える頻度が少なくなった、反対に多くなったというときも子どものストレスサインの可能性を考慮しましょう。

ストレスを抱えた子どもに親がしてあげられること3つのこと

ストレスを抱えた子どもに親がしてあげられること3つのこと

子どものストレスサインは、風邪薬などでは治すことはできません。ストレスの原因を突き止めて、さらにストレスを解消する方法を見つけてあげたり、ストレスを回避するためにできることをする必要があります。子どものストレスサインに向き合う3つの方法をご紹介いたします。

1. 子どもが喜ぶことをさせる

ストレスサインを見つけたら、ストレスを解消させてあげることが大切です。子どもの好きなことをさせて、親もそれに付き合ってあげましょう。

絵を描く、絵本を読む、外で遊ぶなど、好きなことに集中することでストレスを発散することができます。楽しいと感じているときはネガティブな思考を軽減することができ、ストレス発散に繋がります。体を動かすことはストレス発散に非常に効果的です。外で体を動かせば自然と触れる機会も多くなり、よりストレスを解消しやすくなります。

2. 親子のスキンシップを増やす

幼児期の子どものストレスは、親の愛情不足や、保育園などで親と離れる時間が長いことによる場合もあります。最近子どもとのコミュニケーションが取れていないと感じたら、スキンシップの時間を増やすようにしましょう。スキンシップをするだけでも親子の信頼関係が深まり、より多くの愛情を与えることができます。

3. ストレスの原因を解決する

ストレスサインを見つけたらストレスを解消させてあげることも大切ですが、ストレスの原因そのものを把握し、原因を解決する必要もあります。ストレスの原因が大人によって解決できるものであるなら、解決してあげましょう。家庭内のコミュニケーション不足などが原因ならすぐに解決することができます。

しかし、ストレスを乗り越える力を身につけることも、生きていく上では非常に重要です。完全にストレスを取り除くことは、かえって子どもの成長を妨げることにもなりかねません。ストレスと向き合い、どう対処するか教えるなど、子どもがストレスと向き合えるようにサポートすることもときには必要です。

幼児が抱えているストレスと向き合い、寄り添ったケアを行っていきましょう

幼児期の子どものストレスサインについてご紹介いたしました。子どもはストレスを感じやすく、また発散する方法を知りません。

そのため性格の急な変化や、腹痛、食欲の減退などの体の不調となって現れるようになります。大人がこれらのストレスサインを察知してあげて、ストレスを発散できる方法を教えてあげましょう。

ご入会までの流れ 伸芽ねっとの登録はこちら