子育て&教育ひと言コラム 子育て&教育ひと言コラム

伸芽'sクラブ託児HOME > 子育て&教育ひと言コラム > 子どものうちからやるべき!コミュニケーション能力を高めて素敵な大人に

子どものうちからやるべき!コミュニケーション能力を高めて素敵な大人に

子どものコミュニケーション能力を高めるには親との会話が重要!

近年、コミュニケーション能力は学校生活や社会生活など、あらゆる場面で重要視されています。「コミュニケーション能力に優れた子どもになるような習慣をつけてあげたい」と考える親御さんも多いのではないでしょうか。コミュニケーション能力に長けている大人は、小さいうちからどのような経験してきたのでしょうか?ここでは、子どものコミュニケーション能力を高める会話しについて詳しく解説します。どのような行動を続けていればコミュニケーション能力が高まるのかを知り、すてきな大人になれるように、親子ともども習慣づけていきましょう。

コミュニケーション能力とは

コミュニケーション能力とは、相手と意思伝達をして理解しあうために、会話などの言葉を通じて、お互いの感情や考えを伝えあう能力のことをいいます。独りよがりになるのはもってのほかで、お互いの心や気持ちを考えて意思疎通の行動を図ることが必要です。

コミュニケーション能力が高いとどんなメリットがある?

コミュニケーション能力が高いと、次のようなメリットを得ることができます。

  • ・その場の人たちが楽しめるような話題で場を盛り上げられる
  • ・人の話しを上手に聴き、膨らませてあげられる
  • ・話しが盛り上がるような質問ができる
  • ・他人をひきつけ、多くの人から信頼される

コミュニケーション能力が高いというと、「話し上手である」ということと勘違いしている方が多いです。コミュニケーションにおいて、自分だけが話すのがうまいというのは誤り。「その場にいる人たちが楽しめているかどうか」ということが重要になるのです。コミュニケーションが高いと勝手に話し続けるのではなく、会話のキャッチボールを長く続けることができます。

つまり、相手から話しを聞き出すのがうまいのです。相手から話しをうまく引き出して、さらに場を盛り上げられるような質問ができる……コミュニケーション能力の高さを測る基準としては、これらの要素をチェックすることが大切でしょう。コミュニケーション能力が高いと、相手からまた一緒に話したいと思われるような関係になることができます。

それだけ相手にとって魅力がある人と思われるのです。理由は簡単です。人というのは、相手に話しを聞いてもらえることがうれしいからです。たくさん話しを聞いてくれて、盛り上げてくれる相手を、人は好きになる傾向があります。そうなれば、さらに他者とのコミュニケーションの機会が多くなることでしょう。

コミュニケーションの機会が増えると、相手からも有益な情報を教えてもらえるチャンスが増えるため、非常に幅広い知識を蓄えることができます。このように、相手からたくさん話しを聞くことができれば、人生において重要な知識を手に入れられるため、成功を掴む可能性も高くなります。

コミュニケーション能力を高める方法

小さいころから家族でやっていたことはありますか?(複数回答OK)

コミュニケーション能力の高い人は、小さいうちから親の影響を強く受けています。実際にコミュニケーションが高い人が、幼少期に家族間で特に意識して行われていた方法としては、次の2つがあります。

  • ・挨拶
  • ・子どもの話しをよく聞く
  • ・子どもの話しに共感する

コミュニケーションが高い人は、小さいころより、とにかく挨拶が重要だと教育されていることが多いです。挨拶というのは、コミュニケーションにおいてもっとも最初に行われるものです。家族間はもちろんのこと、親戚や近所の人など、積極的に挨拶することを教えられます。そして、実際にちゃんと挨拶できたら、たっぷりと褒めてあげることも大切です。そうすることで、挨拶をすることは良いことだと認識できるのです。

また、挨拶を他人にすることで、話しかけることに対する心理的障壁を小さくすることができます。これによって、「他人とコミュニケーションをとることを苦にならない」という意識が身につけられるでしょう。幼児期だからこそ、他人と接するために挨拶をすることはとてもよい練習の場になるのです。

また、コミュニケーション能力の高い人は、「幼少期に親がしっかりと聞き役になってくれた」というケースが多いです。どのようなことでもしっかりと聞いてもらうことができるため、いろいろなことを自由に話すことができます。それによって、自然と話し方を身につけることができるのです。また、夕食などでもテレビを見るのではなく、家族の会話を大切にしている家庭は、コミュニケーション能力を磨くことができるでしょう。
コミュニケーション能力は、話せば話すほど基本的な会話の姿勢を形成することができるので能力向上に役立つでしょう。子どもにしっかりと話しをさせるためには、親がしっかりと子どもの話しを引き出す能力を養う必要あがります。子どもというのは、親をよく見ています。自然と話しを聞く姿勢を親から学び取って、その能力を身につけていくのです。

このように、子どものコミュニケーション能力をアップさせるためには、家族との関わりや、家族以外の関わりが非常に重要となります。家族と関わることで、話しをすること、話しを聞くことを覚えるだけではなく、他人に対して積極的にコミュニケーションをするための挨拶をすることを覚えることができるでしょう。

また、家族以外の他人と関わることで、他社とコミュニケーションを交わすことを怖がらなくなるようになります。子どものコミュニケーション能力を育むためには、親や家族の姿勢や意識の差が大きく影響するともいえるでしょう。

まとめ コミュニケーション能力は親の影響が大きい

子どものコミュニケーション能力を高めるためにはどうすればいいかについてご紹介しました。コミュニケーション能力の高い人になるかどうかは、保護者の姿勢がかなり影響を与えています。子どもの小さなころから他人に対する接し方や、子ども自身のことを話すときに自然とコミュニケーション能力が高まるような方向にフォローすることが大切です。

これから、自分の子どもをコミュニケーション能力の高い大人に育てるためには、親自身が子どもの聴く力・話す力を伸ばし、他人に対する肯定的な気持ちを抱けるように意識することが重要です。「日々の小さな積み重ねが、子どもの将来を左右する」ということを改めて考え、今一度子どもとの会話や挨拶などの見直しをしてみてはいかがでしょうか。

ご入会までの流れ